ホームページ > Apple Music 関連 Tips > Apple Music を CD に焼く

すごい!Apple Music を高品質で CD に焼く方法

Apple Music とは?

Apple が 2015年6月8日に米国で開催したアプリケーション開発者向けの年次イベント 「WWDC 2015」で、待望される音楽サービス「Apple Music」を発表しました。2015年7月1日、日本を含む世界100カ国以上でサービスが開始されました。

Apple Music は、革新的な音楽サービス、毎日24時間流れるグローバルラジオ、アーティストとファンの交流スペースの3つのサービスから構成されます。個人なら月額 980円、家族なら月額 1,480円と、CD アルバム1枚より安い金額で数百万曲の洋楽・邦楽が聴き放題になります。その後、2016年11月30日より、Apple Music は更に学位を授与する総合大学や単科大学に在籍する学生に対して、月額 480円の学生プランも提供し始めました。>> Apple Music について知っておくべきこと

Apple Music を CD に焼く方法

Apple Music のメンバーシップになると、5,000万曲以上が聴き放題できるとはいえ、CD に焼いて、CD プレーヤーまたは車で聞きたい人が多いでしょう。それに、Apple Music での数え切れない楽曲から好きな曲だけを集めて CD に焼いて保存したり、プレゼントとして友達に贈ったり、車を運転しながら再生したりすることが実現できると素晴らしいですね。それで、この記事に、Apple Music での曲を CD に焼く方法をご解説しますので、参考にしていただければ幸いです。

Apple Music での曲を CD に焼く方法を解説

ご存知でしょうか?Apple Music からダウンロードした曲を CD に直接焼くと、「Apple Music の曲であるためディスクに書き込みません」という警告メッセージが表示され、焼けないとなります。ここで、Apple Music の曲をうまく CD に焼くには、まず Apple Music からダウンロードした曲を MP3 形式に変換しておく必要があります。以下のような2つの方法があります。

普通のやり方 - 録音

Apple Music での曲を MP3 に変換保存する場合には、録音という方法があります。具体的には、Apple Music の曲を再生しながら録音ツールを利用して録音することで、楽曲を保存します。

しかし、録音された曲が元の曲に比べると、音質が大幅に落とす可能性もあります。時間の無駄にもなります。ですから、録音するやり方は、お勧めしません。

お勧めのやり方 - Noteburner の Apple Music コンバーター

Noteburner の Apple Music コンバーターは、Apple Music を愛するユーザーに特別作られた MP3 変換ソフトです。この Noteburner の Apple Music コンバーターは、先進的な録音と変換技術を採用し、Apple Music での曲を高音質のまま MP3 形式に変換できます。ほかに、AAC、WAV、FLAC など様々な出力形式も用意されます。更に、曲名、アーティスト、アルバム、年月日、トラック番号などの曲の情報も保持したままです。機能性において、普通の録音ソフトより遥かに優れています。これ一本を使えば、Apple Music の曲を CD に焼いて車でも存分に楽しめます。Windows 版Mac 版にも対応します。Windows 版と Mac 版のバージョン比較はこちらへ。

 ダウンロード
Mac 版
 ダウンロード
Windows 版

Apple Music からダウンロードした曲を MP3 に変換しておく

以下に、Windows パソコンでの操作手順を例にし、Apple Music からダウンロードした曲を MP3 に変換しておく方法を解説します。同じような手順で Mac でも簡単にできます。

Step1Apple Music コンバーター を Windows パソコン(または Mac)にダウンロードしてインストールします。インストール後、実行すると、下記の画面が表示されます。

Apple Music コンバーター Windows 版のメイン操作画面

Step2左上部にある「[音符+]」のようなアイコンをクリックして、音楽の追加ウィンドウを開きます。すると、「iTunes ライブラリから選択」との画面が表示されます。その中から CD に焼きたい Apple Music の曲を選択し、「確認」をクリックします。すると、選択された曲はメイン画面にリストされます。

iTunes ライブラリから CD に焼きたい Apple Music の曲を選択して確認をクリックします

*ご注意事項:事前に PC の iTunes で Apple Music から曲をダウンロードしておく必要があります。ダウンロードされていない曲は「iTunes ライブラリから選択」画面には表示されません。

Step3右上隅にある歯車のようなアイコンをクリックして設定ウィンドウを開きます。ここで、出力形式、出力品質、変換スピードなどの設定を行います。

出力形式は、MP3 に選択します。出力品質は、256kbps か、320kbps かを選択します。出力フォルダを参照して変換された曲の保存場所を変更できます。さらに、「出力フォルダを整理」オプションで、出力した曲をアーティストや、アルバム、アーティスト/アルバム、アルバム/アーティストとの順番で保存することができます。設定が完了すると、ウィンドウを閉じます。

右上隅にある歯車のようなアイコンをクリックして出力形式を MP3 に選択します

Step4下部にある「変換」ボタンをクリックして、変換を開始します。すると、自動的に曲の変換作業が開始されます。変換中、iTunes を操作しないようにご注意くださいね。

下部の変換ボタンをクリックして変換を開始します

下記のような画面が表示されましたら、変換が完了です。

変換が完了しました

Apple Music を CD に焼くには?

変換された Apple Music の曲を CD に焼くには、iTunes や Windows Media Player を使う方法と、他社の CD 焼くソフトを使う方法があります。ここに、Windows Media Player と iTunes で Apple Music の曲を CD に焼く方法をご説明します。Mac で音楽 CD を作成するには、以下の記事を参考にしてみてください。

関連記事:簡単!Mac で CD に音楽/データを焼く方法まとめ

Windows Media Player を使って、Apple Music の曲を CD に焼く方法

Step1Windows Media Playerを起動し、画面右上の「書き込み」タブをクリックします。
* Windows Media Player は Windows のパソコンに標準で付属している多機能メディアプレーヤーであるため、別にインストールする必要がありません。

Step2書き込むディスク(CD-R など)を挿入します。

Step3「書き込みオプション」をクリックして、表示された一覧から「オーディオ CD」をクリックします。

書き込み、書き込みオプション、オーディオ CDの順にをクリックします

Step4画面左側から「音楽」をクリックします。

Step5先変換された Apple Music の曲を「書き込みリスト」欄にドラッグ & ドロップします。

書き込み、書き込みオプション、オーディオ CDの順にをクリックします

Step6曲名を右クリックし、表示された一覧から「上へ移動」または「下へ移動」をクリックすることで曲を並び替えます。

Step7「書き込みリスト」に目的の曲が表示されていることを確認し、「書き込みの開始」をクリックします。

書き込みの開始をクリックします

Step8「書き込み中」と表示されたら、しばらく待ちます。書き込みが完了すると、自動で CD の取り出し口が開きます。以上で Windows Media Player を使って、Apple Music の曲を CD に焼く操作が完了です

iTunes を使って、Apple Music の曲を CD に焼く方法

Step1iTunes で、新規プレイリストを作成し、先変換された Apple Music の曲を新規プレイリストに追加します。

Step2空のディスクをセットします。

Step3左側から作成したプレイリストを右クリックして、メニューから「プレイリストからディスクを作成」を選択します。

Step4ディスクフォーマットを選択します。

Step5「ディスクを作成」をクリックします。

iTunes を使って、Apple Music の曲を CD に焼く方法

* ご注意事項

ディスクの作成には数分間かかることがあります。ディスクの作成は、進行状況バーの横にあるキャンセルボタンをクリックしてキャンセルできます。ただし、CD-R または DVD-R ディスクを使用している場合、キャンセルするとそのディスクは使えなくなります。

また、プレイリストに含まれている項目の容量がディスクの容量を越えている場合は、1 枚のディスクに収まるだけの項目が書き込まれた後、残りの項目を書き込むために新しいディスクを挿入するよう求められます。オーディオ CD を作成する場合は、最後に作成したディスクのみにトラック情報(曲のタイトル、アーティスト、およびアルバム)が含まれます。ほかの CD 内の曲は、トラック番号(「トラック 01」、「トラック 02」など)だけが示されます。

最後に

以上は、Apple Music を CD に焼く方法についてのご紹介です。Apple Music からダウンロードした曲を CD に直接焼くことができないので、事前に Apple Music からダウンロードした曲を MP3 フォーマットに変換しておかなければなりません。NoteBurner の Apple Music コンバーターを使うことで、Apple Music からダウンロードした曲を高品質のまま MP3 に変換し、Windows Media Player や iTunes で簡単に Apple Music の曲を CD に焼けます。そして、CD プレやー、車でも高音質の Apple Music を聴くことも可能になります。さっそくダウンロードして実際で使ってみてください。

 ダウンロード
Mac 版
 ダウンロード
Windows 版

ヒント: Apple Music コンバーターは有料製品ですが、無料体験ができます。体験版では、一曲ずつ 3 分しか変換できません。動作を確認した上、気に入れば購入できます。永久ライセンスは5,000円で、アルバム2枚程の価格ですので、コストパフォーマンスが高いと思います。

 Mac 版を購入
5000円 6000円
 Win 版を購入
5000円 6000円

ただし、著作権のため、このソフトは商用不可、個人利用のみになります。ご注意ください。

最後までお読み頂き、有難うございました。

関連記事:


Apple Music コンバーターを無料ダウンロード

 無料体験
Mac 版
 無料体験
Windows 版