ホームページ> 活用小技 > Apple Music 関連 Tips > Apple Music と DRM

「解決」 Apple Music と DRM、Apple Music の DRM を解除する方法

今回、最近話題になった Apple Music のことを話したいと思います。WWDC 2015 より、Apple が革新的な音楽配信サービス「Apple Music」を発表しました。2018年4月に至って、Apple Music の有料会員数が、4,000万人を突破しました。サービス開始から3年足らずでの4,000万人到達は、同じ有料会員数を獲得するのに8年かかった Spotify に比べると驚異的な伸びと言えるでしょう。

関連記事: Apple Music 対 Spotify

そこで、Apple Music についての質問もいろいろあります。例えば、「Apple Music の音楽は DRM 付きのファイルですか? 」「Apple Music から DRM を解除する方法がありますか?」「Apple Music 解約後どうなりますか?」「Apple Music の DRM を削除できるソフトがありますか?」「Apple Music を DRM なしの MP3 ファイルに変換できますか?」など。ここでは、一々詳しく説明させていただきます。

Apple Music の音楽には DRM が付いていますか

Apple Music と DRM について

DRM とは

DRM とは、英語の Digital Rights Management の頭文字をとったもので、デジタル著作権管理という意味です。要するに、映画や音楽、小説、画像などのデジタルコンテンツの無制限な利用を防ぐために、オリジナルのデータを特定のソフトウェアあるいはハードウェアでしか再生できないようにすることで、第三者による複製や再利用を難しくする技術・管理方法のことです。

Apple Music の音楽は DRM 付きのファイルですか?

iTunes で Apple Music からダウンロードした曲を右クリックして「プロパティ」(Macは「情報を見る」)を選択します。「FairPlay のバージョン」という項目があることが分かりました。

FairPlay について

FairPlay とは、米 Apple 社が独自に開発したデジタル著作権管理技術(DRM)のことです。FairPlay で保護されたファイルは、暗号化された AAC オーディオストリームを含む正規の MP4 コンテナファイルになります。

これで、Apple Music の音楽には、デジタル著作権保護(DRM)がかかっていることが明らかになりました。DRM が付与されたファイルであるため、Apple Music の曲は指定の端末や、デバイスのみで再生可能となっており、ほかのアプリケーション等では再生できません。

Apple Music の音楽には DRM がついている証拠

Apple Music の解約後、どうなる?

月千円払うことで、Apple Music が提供されている5,000万曲以上の曲を聴き放題ができますが、DRM のため、Apple Music を解約すると、Apple Music の楽曲にアクセスすることはできなくなります。ダウンロードした曲も聴けなくなり、iCloud ライブラリから消えてしまいます。

つまり、聴き放題とはいえますが、あくまで曲へのアクセス権限しか与えられていません。曲の所有権が与えられるというわけではありません。

関連記事: Apple Music とは?解約後どうなる?解約後も聴ける方法

Apple Music の DRM を解除する方法

DRM 解除

Apple Music の DRM を解除するには、DRM 解除機能が搭載された専門の Apple Music 変換ソフトを使う必要があります。ここでは、安全かつ効率的な Apple Music 変換ソフト - NoteBurner iTunes DRM Audio Converter をお勧めします。

NoteBurner iTunes DRM Audio Converter の機能紹介

NoteBurner iTunes DRM Audio Converter とは、オールインワン DRM 解除と音楽変換ソフトであり、Apple Music からダウンロードした曲から DRM を安全かつ合法的に削除できます。Apple Music の曲をよく使われる MP3、AAC(.m4a)、WAV、FLAC などの音楽形式に高速で変換できます256kbps と320kbpsとの出力品質に対応します。さらに、曲名、アーティスト、アルバム、トラック番号などの ID タグ情報も保持したままにできます。他に、iTunes から購入した音楽と Audible のオーディオブックの変換にも対応します。

NoteBurner iTunes DRM Audio Converter は Windows 用と Mac 用2つのバージョンが提供されております。最新の Windows 10 と macOS Mojave 10.14 に完全対応します。

 無料体験
Mac 版
 無料体験
Windows 版

NoteBurner iTunes DRM Audio Converter を使うメリット

メリットその1、NoteBurner iTunes DRM Audio Converter を使えば、Apple Music から好きな曲や、アルバム、プレイリストを一気に変換して保存できます。

メリットその2、変換された MP3、M4A、WAV、FLAC ファイルを任意の端末に転送して再生することができます。例えば、ウォークマン、iPod Shuffle、iPod Nano、PSP、Zune、Android 携帯、Windows 携帯、MP3 プレイヤーなど。

メリットその3、それに、Apple Music の曲を SD カードや、USB メモリに入れたり、CD に焼いたりして、車でも快適に楽しめます。

メリットその4、さらに、NoteBurner iTunes DRM Audio Converter を持つと、Apple Music の音楽を自分のライブラリに永遠に保存でき、Apple Music を解約しても、Apple Music の曲を制限なく継続利用できます。

NoteBurner iTunes DRM Audio Converter は安全ですか?

NoteBurner iTunes DRM Audio Converter は録音保存という仕組みを採用しております。高度な技術を活用して、Apple Music の曲を iTunes で完全にバックグラウンドで再生しながら録音して保存するというように機能しているため、DRM を解除するというよりむしろ DRM を無視するという方がぴったりでしょう。ですので、NoteBurner iTunes DRM Audio Converter は安全だと思います。違法にはなりません。

ただし、NoteBurner iTunes DRM Audio Converter は個人利用のみ可能で、商用利用不可ですから、このソフトを使って変換された曲をインターネットにアップロードしたり、販売したりすることをしないようにご注意ください。

Apple Music から DRM を解除する手順

Windows パソコンで、Apple Music から DRM を解除する

NoteBurner iTunes DRM Audio Converter の Windows 版を使って、Windows パソコンで Apple Music から DRM を解除して、MP3 に変換する手順を解説します。

step1NoteBurner iTunes DRM Audio Converter の Windows 版を Windows パソコンにダウンロードしてインストールします。インストール後、実行します。

 無料体験
Windows 版

step2画面の左上部の「音符+」のようなアイコンをクリックして、音楽追加ウィンドウを開きます。

step3ポップアップ画面には、iTunes ライブラリ全体がリストされます。その中から DRM を解除したい Apple Music の曲をチェックして、「確認」をクリックします。

* ご注意:事前に iTunes で Apple Music の曲や、アルバム、プレイリストをダウンロードしておく必要があります。

step4右上部にある歯車のようなアイコンをクリックして、設定ウィンドウを開きます。出力形式の MP3、AAC、WAV、FLAC から一つを選択します。ここでは MP3 を選択します。出力品質を256kbps または320kbps に選択します。また、出力フォルダをアーティストや、アルバムの順に整理する設定もできます。

step5下部の真ん中にある「変換」ボタンをクリックして、変換を開始します。すると、Apple Music の DRM 解除と変換作業が自動的に行われます。変換が完了までしばらくお待ちください。

Windows パソコンで Apple Music の音楽から DRM を解除する手順

Mac で、Apple Music から DRM を解除する

NoteBurner iTunes DRM Audio Converter の Mac 版を使って、Mac で Apple Music から DRM を解除して、MP3 に変換する手順を解説します。

step1NoteBurner iTunes DRM Audio Converter の Mac 版を Mac にダウンロードしてインストールします。インストール後、実行します。

 無料体験
Mac 版

step2画面の左上部の「+」アイコンをクリックして、音楽追加ウィンドウを開きます。

step3「iTunes ライブラリから選択」の画面から DRM を解除したい Apple Music の曲をチェックして、「確認」をクリックします。

* ご注意:事前に Mac の iTunes で Apple Music の曲や、アルバム、プレイリストをダウンロードしておく必要があります。

step4右上部にある歯車のようなアイコンをクリックして、設定ウィンドウを開きます。出力形式の MP3、AAC、WAV、FLAC から一つを選択します。ここでは MP3 を選択します。出力品質を256kbps または320kbps に選択します。また、出力フォルダをアーティストや、アルバムの順に整理する設定もできます。

step5下部の真ん中にある「変換」ボタンをクリックして、変換を開始します。Mac OS X 10.9~10.12 の動作環境では、最大20倍速で変換を実現します。変換が完了までしばらくお待ちましょう。

Mac で Apple Music の音楽から DRM を解除する手順

最後に

Apple Music は DRM が付いていますが、NoteBurner iTunes DRM Audio Converter を使えば、Apple Music からダウンロードした曲を DRM なしの MP3 形式に変換して、CD に焼いたり、任意のポータブルデバイスに転送したり再生したりすることが簡単にできます。Apple Music を解約しても、Apple Music の曲をゆっくり楽しめます。

 無料体験
Mac 版
 無料体験
Windows 版

ちなみに、NoteBurner iTunes DRM Audio Converter は有料製品ですが、無料体験ができます。体験版では、一曲ずつ 3 分しか変換できません。動作を確認した上、気に入れば購入できます。永久ライセンスは5,000円で、アルバム2枚程の価格ですので、コストパフォーマンスが高いと思います。

 Mac 版を購入
5000円 6000円
 Win 版を購入
5000円 6000円

ただし、著作権のため、このソフトは商用不可、個人利用のみになります。ご注意ください。

最後までお読み頂き、有難うございました。

関連記事:

Apple Music 音楽変換

最強の Apple Musc 音楽変換ソフト
Windows 版の詳細を見る Mac 版の詳細を見る

おすすめの人気新製品

Spotify での音楽を MP3 に変換できるソフト

関連記事

Noteburner iTunes DRM Audio Converter

 無料体験
Mac 版
 無料体験
Windows 版